FC2ブログ

エコな工房めざして!!

アトリエソラさんへ行った際に新たな発見をしました。

溶解炉の大きさや形はグラスタイムとまるっきり一緒。

なのに。。。
グラスタイムとは作業温度が大きく違うのです…
アトリエソラさんより高めの温度でガラスを溶かしているグラスタイム。
そうしないとガラスが硬くて硬くて制作に支障が出てしまうからです。

でも。。。
アトリエソラさんは低い温度でも問題無く制作されているとか!?
この違いは果たしてどこにあるのか!!!
今回はそれを知る為の研修の旅でもありました。


そして気付いた事は溶解炉の保温力の違い。
詳しく言うと。。。
溶解炉から出る熱い温度をどれだけ外に逃がさずにいれてるのかです。

アトリエソラさんの溶解炉を見ると熱が逃げないように
ファイバーキャストと言う特殊な素材でしっかり塗り固めていました。
白い粘土の様なファイバーキャストをこれでもか!!と言うくらいに隙間無く。

確かに溶解炉の近くにい行っても思ったほど熱く感じません。
少なくともグラスタイムよりは熱が逃げていませんでした。

アトリエソラさんの溶解炉をマジマジと見つめる田井さん。
どうやら作業温度の違いはここにあると感じたみたいです。
今より低い温度でガラスが溶かせるんなら確実に光熱費は安くなりますからね。
例え月にほんの少し安くなるとしてもそれが年間と考えると…
大きな差です!!大きく損している事になります!!
年々電気もガス代も上がって来ていますから侮れません!!

そうなるとすぐにやらなば!!と田井さん。
早速行動に移します<(`^´)>


なので昨日はファイバーキャストを使って溶解炉をぬりぬり。
惜しげもなく使い熱が逃げないように包みこんでいきます。
田井さんが所々にファイバーキャストを乗せていくので
私がヘラを使ってキレイに塗っていきます。

ぬりぬり。。。
ぬりぬり。。。

あっ、あっ、熱い!!(~_~メ)

ホント言うとこういう作業は年に一度の火を消した窯換えの時にするもので…
熱い熱いガラスが溶けている時にするものではありません(笑)
熱い溶解炉を相手の作業は大変でした(・へ・)


格闘の末に完成した溶解炉がこちら☆
0_20130129094653.jpg
ジャ~~~~ン☆

美しい♪
そして雪で出来たかまくらみたいで可愛い♪

これでもか!?と言うくらい隙間無くファイバーキャストで包み込んでいます。
確実に作業前よりは熱さを感じません。
熱が逃げにくくなっている証拠でしょうね◎


seisaku_20121209234111[1]
ちなみにこちらがいままでの溶解炉の様子
分かりずらいですが…
周りはブランケットと言う特殊な断熱素材で覆っているだけです。
それなりに分厚く覆っていたんですが…
確実に改良後の方が美しい溶解炉に変身していますね☆

これで。。。
夏でも少し涼しくなるのかな??
ガラスにかかる電気代は下がるのか??
と色々期待は膨らみます(*^_^*)
どうでしょう!!

何でもそうですがこういう作業を面倒に思ってはいけませんね!!
損をするのは自分だし。
少しの苦労で改善される部分は大きいのですから!!
今回の社内研修大きな情報収穫でございました☆
アトリエソラさんありがとうございます(*^_^*)
早速参考にさせてもらいました◎

田井さんが言うグラスタイムのはモットーは
「良い事はドンドン取り入れる☆」ですからね。

これから出て来る結果に期待です♪

スタッフ平田でした◎
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ