チェック柄制作風景♪

田井さんが夜な夜な頑張って並べたガラスのピース☆

3_20161011074313f60.jpg

これをグローリー(再加熱炉)で焼き溶かすと、、、
1枚の板状になります!!

そして、
板状になったガラスを吹き竿で左から右へ
ロールアップします☆

まるでロールケーキのように♪(*´▽`*)


吹き竿の径1周巻き付ける感じですね。



そんなふうに、
並べたピースをロールアップして器を作ると、

30_201610111728124f9.jpg

器の底に出来る模様はこのようになります☆
中心に向かってしぼんだ感じに。


これはこれで美しいので♪
チェック柄を作るときはよくやるんですが。


今回ご紹介するのは少し違った方法でチェック柄に挑戦☆


その技法で制作すると田井さんお気に入りの作品が出来るんですが、
なんせ少々時間がかかります…(;´∀`)


今回久し振りにやりますが、
これで出来た作品を東京へ持っていくとの事で!!
気合入れてまいります('◇')ゞ


写真多めでアップしていきます☆
きっと論文ブログになるでしょう(笑)

お付き合い下さいませませ。。。



スタ~~~ト!!!!('◇')ゞ




5_201610111717117ac.jpg
夜な夜な1時間少しかかって並べたこのピース。
美しく並べられてますね♪(*´▽`*)

ここの姿も出来上がりを左右しますから!!
並べるのも重要な作業です。




この努力の結晶ともいえるピースを、
6_201610111717107df.jpg
グローリー(再加熱炉)にて鉄板ごと入れて、
ピース同士がくっ付くまで焼き溶かします。


この焼き作業は私の役目('◇')ゞ


焼き過ぎると、、、
・ドロドロになりガラスの形が崩れる
・鉄板に引っ付いてしまう

ので・・・
焼く作業は慎重に慎重に!!( ゚Д゚)

うっかり焼き過ぎた!!ってなった時には…
田井さんから怒りの鉄拳がやって来ます!!



その間に田井さんは別の作業を。

焼いて1枚板になったガラスをピックアップする為の準備です☆




吹き竿にガラスを巻き、、
息を入れて膨らませます。

膨らんで球体になったガラスの先端に穴を開けて、


7_2016101117171082d.jpg

その穴を大きく広げていきます☆





8_201610111717092c9.jpg

ここまで大きく広げました!!

径の大きさは、
先程用意した1枚板状になったガラスの幅くらい。


何故ならば。。。。


ピックアップする際に。。。。。



。。。。。。。。。。。。。( ゚Д゚)!!!!


9_20161011171709c91.jpg

このように真上から押し付けてピックアップするからです!!


別々に準備していたガラスが、
ここでドッキング!!!!!!!(*‘∀‘)



そして、すぐさまグローリにて焼きます☆

10_201610111717081bf.jpg

こんなふうにくっ付いちゃうんですよ♪
見てると簡単そうに思えますよね~

実際にやってるとドキドキです(; ・`д・´)(笑)



そして、これが最終的に器になるんですよ♪
不思議ですね~




11_20161011171837daf.jpg
径からはみ出た部分は必要ないので、
順番に切り落としていきます。

切り落とす際はガラス用のハサミを使います。

ですがガラスから出る熱が凄まじいので、
素手では出来ません。

火除けの軍手をはめて!!
順番に切り落とします。
それでも熱いですね~(;´Д`)



なんとか切り終えましたが。。。。


ここで田井さんが言います、

19_201610111718354ec.jpg

「さて…ここからが長い…」


。。。。。。(;´Д`)。。。。。。。





12_20161011171836bb0.jpg
焼き溶かしては台の上で転がす。

そうして凸凹している部分をなめらかにしていくのです!!




13_20161011171836df9.jpg
特にドッキングした部分は念入りに!!

とは言え、、、
別物同士をくっ付けているので温度に違いがあります。

なかなか一度ではなめらかにならないので、、、


根気よく、丁寧に、、、


14_20161011171835852.jpg

焼いては溶かすを繰り返します('◇')ゞ




そうして台の上での作業が済めば、

15_20161011171835dc3.jpg

ここからは新聞紙や道具を使ってなじませます。

時折、息を入れ膨らませて形を作っていきます☆


どうですか??(*‘∀‘)
少しぷっくり膨らんできてますよね~




ここまで来れば、
思うがままに形を変えていけます田井さん☆

あれをあれをと言う間に!?( ゚Д゚)

16_20161011171930338.jpg
全く違う形に変わりました(笑)

不思議です!!


お上手だと本当に楽しいでしょうね、
吹きガラスが♪(*'▽')
自由自在ですよ、羨ましい~~~~



でもここから意外な事します。

21_201610111727016e2.jpg

じつは竿元の透明部分は必要ないので…


道具でくくり目を入れて、、、

くくり目部分から切り落とします!!




20_201610111727019a7.jpg
勿体ないですが…透明部分は必要ないので、
バイバイします('ω')ノ


綺麗に切り離せるように、
くくり目はしっかりと入れるのです。



そうして切り離したガラス。


23_20161011172700476.jpg

必要なのはこのチェック柄☆

お気付きでしょうか??(*'ω'*)
別のパイプへと付け替えられてるのが。



定規で径を測っているのは何故でしょう~??



それは。。。。


。。。。。。。。。。。。



このように、
24_201610111727007d4.jpg
チェック柄を新しい吹き竿に付け替える為です!!


一体何回付け替えるんや~~!!(笑)
って感じですが(>_<)



付け替えはこれで終わりです(笑)




さあ!!!!(*'ω'*)
ようやく下準備完了です(笑)

ここからはですね~

25_2016101117265914a.jpg

器の形に仕上げていくのみです☆




26_2016101117265962d.jpg
焼き溶かしてやわらかくすれば自由に形を変えることが出来るガラス♪


さっきは真ん丸だったのに、
今はこんなふうに長細くなってます!!


勿論、自由自在に形を変える為には技術が必要ですが。
単純に考えてみたら、
グニャグニャに形が変わるって凄いですよね( ゚Д゚)

ガラスって、、、未知なるモノだと思います!!

不思議の一言(*'ω'*)




今回作った器がこちら☆

27_20161011172813360.jpg
あそこから高台部分を作りまして♪

抹茶碗にしてみました☆




今回のようにして器を作ると底の模様は、
このようになります♪

28_20161011172813d7d.jpg

最初にお見せした写真の模様とは違うの分かりますよね。

真上からピックアップすると底の部分にもチェック柄が残ってくれます♪


美しく出来上がりました~('◇')ゞ





ここまでのトータル時間は、、、

考えるとビックリするのでやめときますが(笑)


慣れて手際良く出来ればそう思ったほどはかからないので。
何でも回数こなして経験ですね(;´∀`)




同じ日に、

29_20161011172812715.jpg
白いチェック柄バージョンも作りました!!

色が違うだけで印象も違いますし、
白の方が上品さが増しますね☆



色の組み合わせ、
柄の組み合わせ、
どれも無限大にあるので!!


この技法にハマる方がいるのも分かるな~
でも、ハマると大変そうですが(;´∀`)



数ある技法の中からどれを選び、
どんなモノを作るのか!?( ゚Д゚)


少しガラスの知識が付いてくると作家の作品を展示会等で見る際に、
そう言った部分にも着目してみると面白いと思います☆





田井さん東京出陣まであと2日??(´・ω・`)

支度は出来たんでしょうか??



見守る私の方がドキドキします(笑)
~~~~~(;´∀`)~~~~




スタッフ平田でした◎
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ