shiro Caféレポート2

レポート続きです('◇')ゞ


まずは陶芸作家・平岡朋美さん☆

お名前が漢字違いですが私と同じ「ともみ」さん♪
初めてお会いした時にそんなお話をしました。
同じと言う事で勝手にテンションの上がる私(笑)
ですが作品についていろんなお話をしたことは無く…
いつかそういったお話をしたいと思っていました☆

先日披雲閣に行った際に念願かなって長く話させていただきました!!
♪(*´▽`*)♪

22_2015080820065463a.jpg
平岡さんの作品は釉薬による質感や色の表現がとても繊細です。

器のフォルムもどこか繊細(*'▽')
無駄なモノがそぎ取られた形はより釉薬の表現が際立ちます。


11_20150808200653842.jpg
外側にも内側にも釉薬による貫入が見えますね☆
色が何とも言えない優しい色(*'▽')


20_20150808200653327.jpg
貫入となるとガラス質になった釉薬が底の方にたまり、
バッキバキに割れて固まってるイメージを持っていました。
ですが平岡さんの作品はそう言ったバキバキ感は一切無く!!

貫入部分を間近でず~~~っと見つめると。。。
どこか日本画のような質感に見えます。
んん~~~、上手く言い表せてないかもですが…
繊細であります!!('◇')ゞ

この釉薬のお話、させてもらいました☆
と言っても私は専門家でもないので理解しきれていない部分もありますが…
ずっと聞いてみたい事でもあったので聞けて満足です(*´▽`*)


12_2015080820065185f.jpg
私が見ている間、若い女の子が平岡さんに色々と制作について質問をしていました。
会場に作家さんがいて実際にお話が出来る。
こういった事が出来るのがshiro Caféの良いところですね☆

平岡さんとは他にもいろんなお話しました☆
同じ女性で作家としても活動されている方からいろんなお話を聞いてみたいんです。
なので参考になる部分も、感じることも多くありました。
良かったらまたお話聞かせて下さい(/ω\)



次は庵治石を素材に制作された作品が並びます☆

これらの作品は石工・山田浩之さん、島本清司さん
のお二人によるものです。

毎年夏になると香川の牟礼町にて石あかりロードというイベントがあります☆
勿論今年も9月19日まで牟礼町で開催されます('◇')ゞ

8_20150808201038c86.jpg
石あかりロードを飾る照明作品はこのように庵治石で作られたものが並ぶんです♪


9_20150808201038475.jpg
石の加工をしたことないので全部は分かりませんが、
ガラスも加工において石屋さんが使うような道具でガラスを削る事があります。
ガラスはまだ削りやすそうですが。。。
石となるとなかなかの硬さだと思われます。

そして庵治石は凄く硬いとも聞きました( ゚Д゚)
それをこのように加工するとなると、、、
スゴイですね~

庵治石。。。
どのくらいの方がご存知でしょうか??
10_201508082010379ca.jpg
香川には庵治石と言う有名な石が存在します。
最近はよくTVなどで紹介されているのでご存知の方もいるのでは??
私も山田さんと島本さんとお知り合いになるまでよく知らなかったのですが。。。

庵治石は石の品質においては最高級品であるとの事!!
表面のきめ細やかさ、丈夫さ、耐久性においても一番☆
そんな素晴らしい庵治石が香川の特産品だとは。。。
恥ずかしながら最近まで知らなかったです(/ω\)
これこそ。。。「うどんだけじゃない香川県」ですね!!

披雲閣の会場では庵治石と他の石との違いが分かるように色々な石の見本が展示されてました。
ここで初めて目で見て分かりました!!
表面のきめ細やかさグンを抜いてました( ゚Д゚)


11_20150807013948858.jpg
そして私が好きなのがこの庵治石で作られたお皿です☆
石でお皿を作ると言う発想&考えがなかったので、
このお皿見た時素直に「おおおお!!!!(*'▽')」と言っちゃいました。

今回はこのような形のお皿でスイーツを出していたんです。


14_20150807013957fbc.jpg
何か良いですよね~♪(*'▽')
斬新!!!
私は好きですね、この庵治石で出来たお皿♪



次は漆芸作家・松本洸太さん☆

今回の展示において私が一番度肝を抜かれた作品、、、
また思いもしなかった作品を目の当たりにしたのが、、、

この松本さんの作品でした!!!( ゚Д゚)!!!
7_201508082019333ae.jpg
和室の大広間を2部屋にわたって展示していたのが、
この巨大なインスタレーション作品でした!!

凄くないですか!?( ゚Д゚)
この何とも言えない存在感と驚き!!

部屋に入って目にした瞬間「えっ!!何??」ってなりました。

何か。。。生き物みたい。。。
エヴァンゲリオンに出てくる使徒みたいだ!!(笑)



この大きな作品は、
5_20150808201932bab.jpg
こういう木のパーツが繋ぎ合わさって作られてるんです。
勿論、付いている色は漆☆


3_201508082019281ee.jpg
小さなパーツが複雑に繋がってここまで大きな形になっているのです。

しかも!?この作品は来場したお客さん参加型の作品!!
来場者が一つのパーツを手に取り、好きな場所にパーツを繋ぐ。
そうやって出来た作品なんです☆

ここまでの大きさまでになったのは1日~6日までの結果でして。
この後、どこまで伸びて行ったのでしょうか??(*'▽')
この時点で最終日までは3日間ありましたから…
気になる(笑)


松本さんに「一つ付けていきなよ♪」と言われたので☆

2_201508082019274f2.jpg
ちゃっかり私も参加しちゃいました(*'▽')
先端の赤いパーツ私がつけました(笑)


大きな作品の始まり&中心部はどんなになってるのか??
知りたくてたどってみたら。。。

4_20150808201923ac4.jpg
こんな感じでした!!(*'▽')

凄まじい勢いを感じます!!


でも、松本さんの普段の作品はこちらなんですよ☆
11_2015080820221006f.jpg
な!!!何というギャップ!!( ゚Д゚)

「きんま」という技法で作られた作品。
松本さんのきんま作品は超絶に凄いです!!
しかもこの箱も既製にある物で無く、
ご自分で木をくり抜いて一から作られたとか…

な!!!何と!?( ゚Д゚)


9_20150808202208a26.jpg
超絶~~~~!!!!(/ω\)
美しい~~~~!!!!(/ω\)


12_201508082022092ca.jpg
こういう細かい手仕事見るの大好きで♪
ずっと見てても飽きません(*´▽`*)

柄の始まりはどこからなのか??
考えながら見てしまう(*´▽`*)

ここまでの細かさではないですが私も細かい模様を彫る作品作りますので、
見入っちゃいますね~



0_2015080820220462e.jpg
ステキング!!(*´▽`*)

1_20150808202158498.jpg
この作品は完成までの期間は約1年半だそうです!!
漆芸。。。根気がいりますね( ゚Д゚)

だからこそ出来上がった作品の輝きがスゴイです☆


松本さんは私の個展にも来てくださって♪
そこからいろんなお話をたくさんさせてもらいました。
こんな私にも気さくに話して下さって、嬉しいです。




次は後藤塗り・後藤孝子さん☆
0_20150808203815005.jpg
後藤塗りと言えばまさにこの朱色!!

実際に見たこの朱色の漆は目が覚めるほどの鮮やかさでした!!


後藤さんがいらしたのでこれを機に後藤塗りのいろんな事を質問して聞いてみました。
2_20150808203814d2d.jpg
塗り上がり当初は黒っぽい朱色だとか!!
年数がたつと段々と色鮮やかな朱色に変わっていくそうです。
まさにこのような色に!!

また、この時に初めて知ったんですが、、、
後藤塗りは漆を塗った後に表面を指先で撫でて特殊な斑紋を作るそうです。
知らなかった~~~
この表面もその技法で仕上げてると聞きました☆

なるほど~~( ゚Д゚)


今回初めて見ました!!こちらは後藤さんの新作☆
1_20150808203814e16.jpg
鮮やかな朱色でしかも可愛らしいドット柄♪(*'ω'*)

可愛い~~~♪

お久し振りにお会いする後藤さん☆
変わらずの満面の笑顔で作品紹介してくださいました♪

漆の質感と鮮やかさはガラスには無いものだな~



こうして改めて披雲閣の展示を振り返って見てみると思います。
本当に素敵な作家さん達が集まって披雲閣のイベントが開催されているんだと!!
ジャンルも様々ですが皆さん共通して言える事は、
自分の中で何か一本貫いた想いで制作されてますよね。
これだ!!と貫いた想いが感じられます。。。

毎回行く度に私は感じる事が多いです(*´▽`*)


そして。。。。
肝心の方、田井さんのご紹介がまだですね(*'▽')
ですがこの時点でかなりの論文ブログなので(笑)
一旦、終了します('◇')ゞ

続きは田井さんで!!
披雲閣レポートの最後を締めくくるのも田井さんで!!


スタッフ平田でした◎

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ